Fate/dragon’s dream

ドラグーン(仮)

ズズズズズズ、と、それはまるで遠雷のように響いてきた。
「――! シロウ、気をつけて!」
「な、なんだ――!?」

可能な限りの身支度を整え、しかし迅速に衛宮邸を飛び出し柳洞寺へと乗り込んだ俺たちが、大聖杯へと続くのであろう洞窟の入り口を発見するのに時間はさほどかからなかった。

なにせ入り口付近の岩が吹っ飛ばされ、本来あったであろう魔術的な目眩ましがまるごと消失していた上、これ見よがしな魔力の残滓がまるで道しるべのようにそこへと続いていたからだ。
 誘い込むための罠――? 当たり前だ、罠に決まってる。

――大聖杯。ジークフリートは遠坂を伴い、そこへ向かっているという。だが、その場所は復讐者アンリマユという、魔王と化したサーヴァントによって占拠されているはずだ。
 何故、そんなところにジークフリートは向かったのか。そして――あの六十億全ての人間を呪い殺す泥の源に対し、何をしようとしているのか。

暗い地の底へと続く穴に飛び込むこと数十分。駆け通しだった俺を労わろうと、前を行くセイバーが速度を緩めたその瞬間――まず最初にやってきたのは、周囲一面の全ての闇を押しのける光の洪水。

瞬時にハーゲンが切り替わり、叫んだ。
「こ、れは――グラムの光!?」
「――これが――グラム――!?」

「……間違いない。入り口からこっち、ずっと聞こえていた不気味な声が消えた――おそらくその、復讐者アンリマユとかいう悪竜がグラムによって消滅したのだろう」
――な――
「なんだって!? アンリマユが――消滅!?

「――信じられませんが――間違いなく、この地を澱ませていた気配が消えています。みるみる浄化されている――何という力だ、私たちがあれほど手を焼いた呪いを、ここまで完全に――!
「ハーゲン、一体何がどうなっているんだ? どうしてジークフリートは遠坂を――」

「……事態が俺の考えた通りであれば、おそらく――」
 ハーゲンがそう言った矢先だった。
 ――彼方から、不吉な地響きが聞こえてきたのは。
「いかん!! 士郎殿、直ちに俺との契約を破棄しろ!! ――ええい、間に合わんか!」

「な、突然何を――が…ぐ――!?」
「――こ、これは――!? 身体が、急に重く――!」

「―――か、は――ぐ……があ……っ」
 息が――できない。
 ――いや、それは錯覚だ。これは――魔力が、何か、に、吸い上げ、られ……!

「我らサーヴァントを現界させておく機構が崩れたのだ――士郎殿の魔力容量だけでは俺をこの世界に繋ぎ止めておくことができん! ――このままでは、俺が士郎殿の魔力を吸い尽くしてしまう――!
 士郎殿、令呪を破棄し、俺との契約を切れ!
 致し方ないがそれしか方法がない。まだあと数刻程度ならば、お主からの魔力供給を断っても耐えられよう!

 ――な、ん、だって――? つまり――それ、は
「……は――づ……っ――!」
 つったって――契約破棄って、どうすりゃいいんだ――!? 令呪を抜き取るにしたって、……この令呪、アタマ(額)に顕現してるんだぞ……!? 首を切り落とせってか!?

「シロウ! ハーゲン殿の言う通りだ! 直ちに契約を破棄してください! このままではあなたの身体がもた―――!?」

ボォ―――――――――――――ゥ  ボォ――――――――――――ゥ……
 遠くから、妙にくぐもった、しかし力強い響きの音が響いてくる。
 なんだ、これ……? 船が慣らす汽笛のような――いや、それよりも何かもっと、空気が共鳴して振動しているような音だ。――木管楽器のような――角笛、か――?

――そして、考える間もなく。間髪いれずに『それ』が来た。

「――!?」
「な――っ!?」

 セイバーでさえ反応できなかった。いや、例え反応できたところでどうなるだろう。

世界が、一瞬で虹色になった――そうとしか形容ができない。虹色の津波が、洞窟の奥から溢れだし、一瞬で俺たちを飲み込んだ。
「こ、これは一体――!? シロウ!? 大丈夫ですかシロウ!?」

「う――げ、ぐえぇぇぇッ!」
 か――は―――!? 眼、眼が回る――!?

まるで万華鏡の中に放り込まれ、めちゃくちゃに揺すぶられているような――肺腑と言わず胃と言わず、身体の中に手を突っ込まれて内臓をぐるぐるかき回されているような感覚……!

脳がこの狂った視界に強烈な拒否反応を起こした。耐え切れず戻し、口の中に苦い味が広がる。その時になってようやく気づいた。

――いつの間にか、ハーゲンに吸い上げられて干上がった魔術回路に
 ――魔力が満たされている。いや、満たされているどころじゃない。大洪水状態だ。さっきまで真空状態にいたところが、いきなり高濃度の酸素の中に放り込まれたような――

「――同じだ……あの時と……」
 ハーゲンが呻く。
「ハーゲン殿、この現象は一体!? とてつもないマナ(魔力)の濃度――これほどのマナであれば、サーヴァント(私たち)といえどマスター(憑代)なしでさえ現界できる! どこからこれほどのマナが……!?」

ハーゲンは、ペッと俺の口の中に残る胃液を吐き出し、言った。

「おそらく大聖杯とやらが破壊され、溜め込まれていたマナが一気に溢れ出したのだ。この現象は見覚えがある――僥倖だぞ士郎殿! これならばお主の魔力回路から溢れた分の魔力だけでも、俺はお主と契約を続けられる! 身体が辛いだろうが先ほどよりはマシであろう。この現象が収まる前にやつを倒す!

「だ……大聖杯を――破壊!? ――まさか、ジークフリートは最初からそれが目的だったのですか!?

「間違いないだろうよ――俺への当て付けもあるのだろうがな。
 これで確信できた。シグルドはおそらく、大聖杯破壊後もしばらく現界できるように魔力を確保しているに違いない――お主と戦うためにな。
 だが、目的が大聖杯の破壊だと知られてしまえば、お主たちが確実に助かる道が一つある――シグルドの確保していた魔力が尽きるまで、ヤツから逃げ続けることだ」

そう、か――それで、遠坂は、伝言で俺とセイバーに冬木を離れろと――
 そして、ジークフリート達が、俺たちに、それをさせないためには――
「そのために、凛を――!」

「人質として扱う気であるにせよ、ないにせよ、彼女を伴って行くとなれば、そこがただならぬ危険の真っ只中であると知っている以上、お主たちは必ず取り戻しにシグルドを追う。
 ――図られたな、王よ。ヤツはどうあっても、お主を狩らずにはいられないらしい」

「――構いません。いずれどうあれ、彼とはなんらかの形で決着しなければならない。
 ……私一人では彼には勝てない。それは英霊としての相性だとか、力不足だとか、そういう次元の話ではないことはグラムの傷を受けた時によく分かっています。
 ――ハーゲン殿、どうかお力添えを。その力、私と士郎に――!

「俺がこんな形でここにこうして存在しているということは、つまりはそういうことなのだろうさ。士郎殿、魔力酔いしている暇はないぞ。身体は落ち着いたか?」
 苦笑気味に言うハーゲンに、俺は、
「トレース(投影)、オン(開始)!」

「それは――!」
「――アイツ相手には、これじゃなきゃダメなんだ」
 投影した、グラムを掲げて見せる。

――なんてこった。魔力があり余り過ぎていて、消費したそばから補充され、さらに溢れ出て行く。むしろ、常に魔力を使い続けておけば逆に身体の調子も良くなりそうだ――!
 正に全開御免の大開放状態。これならアンリミテッド・ブレイドワークス(固有結界)の発動もまったく問題ないだろう。

――魔剣グラム。ありとあらゆる神秘を切り裂く、反幻想――理の剣。この剣の前には、理の歪みである『魔』は、ことごとく意味を失う。呪詛、魔術、幻想種――この剣は、それら本来存在しえないモノ達の天敵である。

そもそも『魔』とは、本来この世に存在しないモノ、通常の営みを捻じ曲げ、逆行させるモノを指す。グラムはそのような『魔』を、強制的に正常な宇宙の運行に戻してしまうのだ。
 それが、グラムという剣を形成する幻想の骨子。物事を分析解体する切断概念の原理に端を発する、究極のマジックキャンセル(幻想否定)能力。

「幻想を破壊するための幻想」――それは「肯定のための否定」を為すためのモノ。愛するが故に竜を狩る、竜殺しジークフリートのための武器なのだ。

故に、その刀身につけられた傷はどんな小さいものであっても、つけられたモノが『魔』に類するものであるならば、それはそのまま存在のほころびを意味することとなり、最終的には崩壊させられる。

グラムに抗する魔力を持つものであるならば、傷口から毒を流し込まれ続けるような苦痛を得ることになるだろう。
 したがって、いかなる宝具を投影しても、幻想を骨子としている以上、グラムは一撃でそれを断ち、無力化してしまう。

そんなグラム(剣)に、抗しうる幻想があるとすればただ一つ。同じ反幻想の骨子を有する――同じグラム(剣)のみ。それとて、一回の投影で剣激を受けきれるのは良くて3回が限界だろう――

だが、この虹の世界ならば何度投影しようが問題ない。壊れたら作り直せばいいだけのこと――!

「行くぞハーゲン、セイバー!」
「はい!」

 再び駆け出す。彼方より聞こえてくる角笛のような音は、おそらく破壊された大聖杯から噴出するマナが大気と共鳴しているのだろう。ならば――

「あの音のする方に、ジークフリートがいる――!」
「こっちです、シロウ!」

 狭い洞窟の中、反響する音の来る方向を聞き分けるのは至難の業だ。それにしても、
「ハァ――ハァ――!」

「シロウ、頑張ってください――この現象はあなたの身体には負担かもしれないですが、魔術的には何の制約もなくなります。それを考えれば――」

「うむ、へばっている暇はないぞ」
「分かってる。――とは言っても――そうだ」
 とにかくこの魔術回路を飽和させている魔力だけでも何とか使いきればいい。なら――
 キィィイィィィィ………ン―――

「む、これは」
「そうか、余る魔力を使って強化を行ったのですね」
「ああ、全身にかけといた。これで多少はハーゲンにも使いやすくなるだろうし、ジークフリートとの戦闘の足しになるだろう。あとはもう、片っ端から新しいグラムを投影していけば――」

そして、走る。
(先ほどの身体の重さ……やはり、大聖杯は機能を停止していたとはいえ、わずかに漏れ出てくる魔力が身体の維持に当てられていたということ、か――
 ――それがなくなったということは――今後、私の存在は二人に対して更なる負担を強要することに――)

「――? どうしたんだセイバー?」
「――い、いえ、なんでもありませんシロウ。それよりも御注意を。もうすぐそこです」
 幾度目かも分からない角を曲がったとき、音が一段と大きくなり、そして――

「これは―――!」
「うわ……!」

 突然視界が開けた。もはやそこは、洞窟なんてものじゃない。地下世界――広大な空間、大空洞。

その広大な空洞は、まるで巨大な万華鏡の内部さながらに、ひっきりなしに色を変える異空間と化しており――そして、視界を覆うすさまじい砂埃が立ちこめていた。

ボォ――――――――――――――――――ゥ
ボォ――――――――――――――――――ゥ……

その彼方、岩山のような影が見える。おそらくもとは岩壁だったのだろう、あちこちが砕けて崩落しているが、横一列に山脈のように続いているようだ。この奇妙な音は岩壁の向こう側から響いており、音が鳴る度に虹色の煌きが溢れ出し、砂埃によって乱反射しているのが見える。

そうしている間にも、ガラガラと岩の崩れ落ちる音が聞こえる。
 ――そう。そこは、終焉という名の破壊の真っ只中。

この大空洞を支配していたのであろうアンリマユは、既にグラムによって消し去られ、そして大聖杯であったであろう装置も崩壊し、瓦礫の山となりつつある。200年間冬木の地に在り続け、多くの魔術師の命を奪ってきた聖杯戦争――アインツベルンの求めた聖杯は、もう二度と現れることはないのだ。

200年の夢の終わり。イリヤがこの光景を見たら――なんと思っただろう。
 「――!! シロウ!!」
 その時、

「士郎―――――――――――――――ッ!!!  セイバ―――――――――――――――ッ!!!」

――あ
 その声を聞いた瞬間、 安堵で、腰が抜けそうになった。
 ――なんだ。……はは。全然、元気じゃん――
 あんないかにもヤバそうなメッセージなんて寄越してくるから、気が気じゃなかったのにさ――

彼方、崩壊する岩壁の一角。そこだけは比較的しっかりとした岩が残っており、崩壊も既に終わっている。
 その、中腹――砂埃の中でもはっきりと分かる、淡い赤色の球体が岩肌にめり込んでいる。中腹にあるテラスのような部分を中心に、結界が張られているのだろう。
 ――その赤い光の向こう側に――

「ほんっっっっっとバカバカバカバカバカ!!! なんでわざわざ罠に嵌りにくるのよこのバカ弟子――――――!!!」

大声でわめき散らしている遠坂の姿があった。
「――は、はは……ははははは……はぁ」
 一気に気が抜けた。良かった。あれぐらい元気なら、遠坂の安否についてはもう不安はない。あいつはいつものアイツだ。それなら――

「シロウ! あそこに凛が!」
「分かってる。でも――」
「おっと、どこ行くつもりだてめぇら。そいつぁ今はオレのもんだ。勝手に盗み出すたぁ感心しねぇな」

朗々たる声が響く。ハーゲンはさっきから、こちらに向かってくるそれの気配に対してだけ注意を向けていた。
 ゆらりと。砂塵に中に、異形の影が揺らいだ。

――そう、それは異形だった。上半身は膨れ上がり、左右に一対突き出た影は翼。頭は鋭角的なフォルムをしており、人間の下半身に竜の上半身を合わせたような半人半竜――
 砂を踏む足音が近づき、そして――砂埃の中から、ヤツがその姿を現す。

「ジーク……フリート――!」
「よう、アルトリア。それに小僧と――ハーゲン。間に合ったみてぇだな、お互いに」

――それは。
『問おう。あなたが私のマスターか』
 いつかどこかで見た、
『良かった。本当に、良かった――』
 月光と、煉獄の、幻――

そこには――夢がいた。
 白いライトメイル(軽装鎧)を透け、青く光る幾何学模様がジークフリートの全身に浮き出ている。そして――まるで背後から彼を抱きしめるかのように、青い竜の上半身がその背にあった。

ファフニール――ジークフリートとグラムによって滅ぼされた、ニーベルンゲンの財宝を守る竜。
 竜の残した血の呪いは、自らを滅ぼした英雄に不死を与え、財宝のもたらす短命の呪いと共にあり続けた。

竜によって守護される、竜殺しの英雄。その身に二律背反を宿す、自己矛盾の英霊。
 あらゆる傷から守られるはずのその英雄はしかし、今はなぜか全身をわずかに赤い血で汚していた。鎧の下からじわりとにじむ血液。それは背の竜からも、わずかに滴り落ちている。

――何があったのか。直感的に、アンリマユとの戦闘によってついた傷ではないな、と思った。彼に傷を負わせられるものは、己自身の振るう魔剣のみ。

全ての幻想を破壊する切断の原理――理の剣。ぶん、と、ジークフリートが、むき出しとなったその剣を振るう。その銀の軌跡を、見惚れるように見つめたその瞬間。
 ――まったく唐突に。俺の意識は闇に落ちた。

NEXT