Fate/dragon’s dream

回想~橋上の死闘 完結編~

「てめぇかァァッ!! ハーゲンッ!!!!!」
 怒号とともに士郎へ向かってジークフリートが飛び掛る。振るわれたグラムを、赤黒い剣ががっしと受け止めた。

(な………!?)
 セイバーは霞む視界のなか、豹変した士郎から目が離せなかった。間違いなくサーヴァントの気配――! しかも士郎から?! 額に赤く輝く文様は間違いなく令呪。だが、肝心のサーヴァントは―――!?

(ま、まさか……シロウに憑依しているのか!?)
 元来亡霊の類であるサーヴァントは、実体化を解くことで任意に霊体になれる。むしろそちらの状態のほうが、彼らにとって『自然』な状態と言える。

しかしながら、聖杯によって受肉をした英霊は、通常の霊のように振舞うことはできないはずだ。実体あるものが実体あるものに取り憑くことなどできるはずもない。

(それにあの剣は――!)
 赤黒い刀身、冷えた溶岩のような突起だらけの柄。おそらくは士郎に憑依したサーヴァントが呼び出した宝具なのだろうが――

(く……! 唸っている……!)

 見ているだけで気分が悪くなる。その剣はまるで呼び出された歓喜に身を震わせているかのように不気味に鳴動し、意思あるかのごとくスルスルとジークフリートの剣をかいくぐり、その胸元の心臓に喰いつこうとしていた。

「てめぇ、ダインスレフ《そんなもん》まだ持っていやがったのかァ!!」
「えげつない剣だが、慣れてくるとなかなかかわいいものでな!」
「ざけんなこの盗人野郎! そんなもんをかわいいとか言うんじゃねえ!」

血を求めるかのごとく剣は何度もジークフリートの腕に喰らいつくが、その都度波紋が広がり、弾かれている。

「うぅーっ、気味悪いよぅっ!」
 泣き声で言うファフニール。ジークフリートは打ち込むが、士郎は剣でわずかにグラムの軌道を逸らし、悠々と回避する。

(――――できる!)

何者か知れないが、士郎に憑依したサーヴァントは相当な剣腕だ。否、剣だけでなく、とんでもなく実戦慣れしている。戦闘における勘、その身体さばきは、最小の力で最大の効果を得るためのもの。それも、一対多数でさえ通じる、戦場で培われたものに違いない。瞬間の判断力、全体の戦いの「流れ」が見えなければ、こうは動けまい。

それは荒々しくも、優雅と言える剣舞だった。力の方向を逸らし、体術のようなものと組み合わせた回避方法。それは、セイバーをして感嘆させしめるのに十分なものだ。

(人間の身体を使っているというのに――!)
 士郎も鍛えてはいるようだが、所詮は生身の身体だ。サーヴァントとまともに戦って勝てるはずはない。だが、今の士郎は基礎体力はそのままに、サーヴァントの経験だけであのジークフリートと拮抗している――!

(もともと経験と技能で補うタイプのクラスなのか――!?)
 すでに驚嘆の域すら通り越し、セイバーは見惚れるようにその戦いを見ていた。

――だが、
「チッ」
 士郎の身体がよろける。やはり体力的に無理がある――!

「おらぁぁっ!!」
 ほとんど歓喜に近い怒声とともに、グラムが振り下ろされた。大きく跳び退く士郎のいた地点が大きくへこむ。
「フム、流石に動きづらいか――!」
「余裕こいてんじゃねぇぇっ!」

「シグ!! ちょっと落ち着きなさいよぅっ!」
 再び姿が消えたファフニールの諌める声も聞かず、ジークフリートはそのまま士郎へ突進した。
「ハーゲン!! さっさと出てきやがれ!」
「貴様にはこれで十分であろう!」

(ハーゲン……!?)
 その名はつい先日聞いたものだ。凛が話してくれたニーベルンゲンの歌に登場し、……ジークフリートを背中からの一撃で殺した将!?
 再び剣戟音。だが、突然士郎……いやハーゲンは跳躍し――、あろうことか車道に出、そのまま更に跳んでアーチの上を走り始めた!

(――な!?)
 ばかな! 生身である以上、落下すれば大怪我は免れまい。そんな条件で空中戦に誘うなど――!

「待ちゃーがれ!!」
「シグ、バカ!! 誘いよ!」
「乗らずにいられるかよ! ハァッ!」
 ジークフリートも大きく跳躍し、そのままアーチ上のハーゲンに切りかかった!

すでに頂上近くまで上っていたハーゲンはそれを見るや、いきなり反対側のアーチに向かって跳ぶ。そして、更に壁面を蹴り、反動をつけてジークフリートへ跳んだ。

「ぬぁ!?」
「おぅわわ! 危ないよー!」
 背中の一点にスルスルと不気味な妖剣が伸びる。咄嗟にグラムでそれを弾いたが、上半身だけ捻った不安定な体勢になり、ジークフリートは落下した。

「チィッ!」
 アーチを支える柱の一本に手をかけ――たところで、その柱が切断される!

「うぉ!?」
「ひゃぁあっ!」
 身体を支えるものがなくなり、再び落下するジークフリートが車道に着地するやいなや、頭上から稲妻のようにハーゲンが切りかかった。

「ぬぅあ!」
 火花が飛ぶ。落下速度を得た妖剣の一撃をグラムで受け止めるジークフリート。だが、妖剣はグラムの切っ先をすべり、勢いのままジークフリートの肩口に切りつけた。空間に一際大きな青い波紋が広がる。

――……なんということ。空中戦に誘ったのは、相手を叩き落とし、一撃の威力の違いを落下速度で埋めるため――
 もしも相手がジークフリートでなければ、――いまの一撃で勝負が決したかもしれない……! 人の身を用いてサーヴァントを相手に――!

自分の技量に絶対の自信と精密な動作がなければ、足を滑らせただけで大怪我をするような足場であそこまでの運動はできない――!

「づっ……!」
「チ、相変わらず頑丈な……!」
「ぬかせ!」
「ぬあっ!」
 薙ぎ払いの一撃を受け止めるも、そのままハーゲンは吹っ飛ばされた。

「……あ、あいたたた……!」
「ファフ、しっかりしてろ!」
 叱責し、再びハーゲンに肉薄する――! が、

「ぬ……!」
 ハーゲンの動きに先ほどまでの切れがない。
「たりめぇだろうが! んな身体使ってあんな無茶やらかしゃすぐイカれるぜ!」

右足――! やはり士郎の身体では、サーヴァントのイメージ通りの動きを再現するのは――!
 咄嗟に左足で跳び、再び一段下がった歩道へと戻ってくるハーゲンに、ジークフリートが追撃をかける!

「でぇぇぇい!!」
 ガギン!
 
咄嗟に身をかわしたハーゲンの背後で、―――橋を支える鋼鉄の柱の一本が、バターでも切るかのように斜めに切断された。

(!!)
 だが、ジークフリートは構わずハーゲンを切りつける!
 ガギン!
 ――今度はアーチの一部が寸断され……

「ちょこまか逃げてんじゃねぇぇぇっ!!」
 その、時。魔剣グラムが、突然まばゆい光を発し始める――!

「――!! いかん!」
「喰らえ――!」
(―――!! グラムを使う気か!?)
「チィ――!」
「使うかよ馬鹿野郎!!」

またフェイント――!?
 だが、ハーゲンはその動きを読んでいた。輝きを失わないグラムの薙ぎ払いを、ハーゲンは身をかがめて避ける。
 魔力を込められた魔剣はそのまま背後の鋼鉄群をばっさりと切り払った!

「正に馬鹿に刃物か――!」
 足を痛めていてさえ身軽に避けるハーゲンに、なおも切りかかるジークフリート。グラムは発光を止めず、そのまま一振りごとに数本の鉄柱を切り払っている……!!

 ギィィィィィィ……
 セイバーの耳に、不吉な軋み音が聞こえてきた。と、同時に、頭上の車道がガクンと大きく揺れた。
(な――崩れる!?

気づいたときには遅い。次の瞬間には、バキバキという絶望的な音とともに、砕けたアスファルトが落ち始めた。水音とともに、眼下の水面から水しぶきが上がっているのが感じられる。
 自重を支えきれなくなった橋は切断された橋脚の部分から陥没を始め――ガゴン、という音とともに、圧し折れた車道の一部が歩道の上に落下した。

(――!! しまった!!)
 セイバーと凛との間に圧し折れたアーチの一部が突き刺さる。そしてそこを中心として、歩道もまた陥没を始め――

(――ぐ……!! う、ああああっ!!)
 立ち上がろうとしたセイバーの全身を強烈な痛みが引き裂く。まるで胸の傷から全身へ猛毒が流し込まれ続けているようだ。このまま分解されてしまうような錯覚すら覚える。

(凛!!)
 陥没の向こう側――彼女のマスターは未だ気を失ったまま。大きく傾いだ歩道の上を滑るように、その身体が移動しているのが見えた。

(く、う―――!! あ、あああああっ!!)
 動け! 残された魔力をかき集め、言うことを効かない身体を無理矢理従えようとする。だが、魔力を集めれば集めるほど、胸の傷からそれが漏れ出していく――!

(凛!!――なんという無様な……!! マスターも守れず、こんなところで朽ち果てるのか――!!)
 必死で立ち上がることだけはできたが、すぐに膝が砕けた。

バギッ
 足元に振動。そして――陥没は亀裂となり、そのままセイバーの身体はアスファルトを滑り落ち始めた――!

「凛――――ッ!!」
 かろうじて鉄柵につかまり、落下を堪えるセイバー。しかし、彼女のマスターの姿は立ち込める砂埃の中に消えていった。

激痛の走る腕を必死でひしゃげた鉄柵に絡ませる。すでに跳躍する力もなく、セイバーは自らも崩壊に巻き込まれながら、いつも見ていた景色の終わりを見つめた。

(シロウ……凛……すまない……ッ! 私は、もう――!)
 ――限界だった。
 セイバーの身体を蝕むグラムの斬撃はセイバーの最後に残された意識をも刈り取り――
 青い騎士は昏い淵へまっさかさまへと落ちていく――

ドン
 だが、落下の浮遊感は下からの突き上げるような衝撃とともに止まった。うっすらと目を開くセイバーの視界。遥か彼方には、赤い服を担いで立ち込める砂埃の中から跳躍する大きな影が見えた。

(――凛!?)
 朦朧とする意識が覚醒する。そのセイバーの視線の先で、凛を肩に担ぎ跳躍したジークフリートの背にくっついたファフニールから、巨大な光弾が発射されたのを見たような気がした。
 ――魔力の塊。だが、それはセイバーたちを狙ったものではなく――

「しっかりつかまっていろ!!」
 士郎の声が怒鳴る。そして、セイバーの身体が急激な加速を感じるとほぼ同時に――
 耳をつんざく大音響。それはまさに砲撃だった。強大な魔力による目眩撃ちが、容赦なく橋を破壊する。

(――凛……!)
 そして、セイバーはかつてのマスターの背で、今度こそ完全に意識を失った――

NEXT