Fate/dragon’s dream

歪な日常・II

(うむ、眠ったようだ)
「ああ……」

セイバーを布団へ運び、眠りこんだのを確認して、俺は居間へと戻ってきた。とりあえず作戦会議をしたいところなのだが、二人一緒にしゃべっていては喉が疲れるため、基本的には身体の主導権は俺が持ち、ハーゲンの判断で交代、ということにしておいた。

「遠坂、無事かな……」

(フム、今のところ命に別状はなかろう。むしろ魔力の残りが問題だと思ったのだが、お主から通じているパスを読む限りでは別段危険なことはないようだ。あの年齢では驚くべき魔力量よな)

「そりゃ、この辺一体の管理人でもある由緒正しい魔術師の家系だからな、遠坂は。俺はへっぽこだけど、師匠のあいつは超一流の魔術師だよ。俺なんかにはもったいないくらいに」

(ならば、信じて待つがいいさ。己の置かれた状況を冷静に把握し、適応するのが魔術師だ。それほど優秀であれば、その行動には全幅の信頼を置いたほうがこちらもなにかと動きやすい)

「うん……。はは、おかしいな。俺よりハーゲンの方が遠坂のことをよく分かってるかもしれない。そうだよな、あいつはそう簡単にどうこうされるようなやつじゃないよな」

(古い知己に魔術師がいてな。信の置ける魔術師ほど背中を任せて頼りになるものはない。遠坂嬢のことはおいおいなんとでもなるだろう。
 アルトリア殿は、しばらく戦闘行為は無理だ。治療の間にこちらも体勢を立て直したいところではあるな)

「うん、そうだな。それで早速なんだけど、ハーゲンのクラスとか詳しいことを教えてくれないかな。ジェネラルだったっけ?」

(うむ、基本能力はあまり高くないが、代わりに技能と経験が豊富なクラスらしい。大体、生前の能力と大差ないクラスに設定されるようだ。
 どちらにしろこんな憑依状態では、直接戦闘などそうそうできん。せいぜい策でお主の役に立つことにしよう)

「よろしく頼むよ。――それと、セイバーの傷のことなんだけど」
(フム)
「聖杯戦争のときに、セイバーはランサー……クー・フーリンのゲイボルクで受けた傷の治りが遅いと言ってた。あの傷も、なにかそういう呪詛みたいなものがかかっているのか?」

(グラムについては、俺も詳しいことは知らんよ。だが、あれをただの宝具と考えないほうがいい)

それは、俺にもなんとなく分かる。
 あの剣は宝具として考えても「規格外」だ。ジークフリートは未だ一度も真名を展開していないにもかかわらず、既に通常の宝具クラスの威力を発揮している。
 幻想破壊の概念武装。ジークフリートはそう言っていたが、正直それにしても……。

(あの剣自体がある種の強力な概念を持っていて、それでつけられた傷にも同じような概念が付加されるのだと、いつだったかジークフリート本人が言っておったよ)
「概念……」
(それがどういうものなのかは知らん。後ほどアルトリア殿に聞いてみるがよかろう)

「あ、そうだ……すっかり忘れてた。ハーゲン、セイバーを助けてくれてありがとうな。最初に言うべきだったのに、遅れてすまない」
(……フム、貴重な戦力なので助けたまでよ。お主が気にするようなことではない)

「だけど、きっと俺じゃあセイバーを助けられなかっただろうから……。うん、やっぱありがとうな」
(そうかしこまることはない。俺も、俺の望んだようにしただけのことだ。そのことで礼を言われる筋合いはない)

「……そっか。分かった。――とりあえず、買い物に行くか。セイバーのためにも美味いもの作らなくちゃ」
(ほう。お主は厨房に入るのか。それは頼もしい)
「な、なんだよ。別にいいだろ」

(うむ、そうだな。食は一生の大事だ。栄養のためにも口福のためにも美味を求めるは必定。
 だが残念だのう。自分の身体がない故、俺は食うことができぬでな)
「あ、そうか……。感覚は全然つながらないのか?」

(うむ。一応触覚の一部は繋がるようでな、自分の身体を動かすのと大差なくお主の身体を借りることはできたが、どうも痛覚がないようだ。先の戦闘の際にはそれが仇になった)

「うーん、じゃあ食べるときに交代してもらって味わってもらうっていうのも無理か」
 なんとなく雰囲気で苦笑しているのが伝わってくる。
(そこまでしてもらうこともないさ。ヘタに感覚を共有していると厄介なことも多い。俺はその実例を見ている故、よく分かる)

「……? ま、いいか。それにしてもこの筋肉痛……なんとかならないかなあ」
(……どうでもいいが、お主右足は大丈夫なのか?)
「え? いや、痛いけど、全身が痛いからあまり気にならないな」
(……そうか。それならいい)

「……なんだよ、気になる言い方だな」
(気にするな。さあ、食材を買いに行こうではないか)
「あ、ああ……いてて」
 急かすハーゲンをいぶかしく思いながらも、俺は買い物かごを持って家を出る。

「お肉」
「野菜」
「お肉!」
「野菜!」

「お肉!!」
「野菜!!」
 …………。

「やだやだ! お肉!!!」
「だーっ!! お前なあ、オレを病気にする気か! お前に付き合ってばっかだと肉しか食えねぇじゃねぇか! 人間様はなぁ、どこぞの変温動物と違って雑食性なんだよ! 第一昨日だって肉食っただろうが!」

「だってしょうがないじゃない! あたしはそういうもの食べれるようにできてないんだから!!」
 …………………。
「別に死にゃしねぇだろ! オレは死んじまうんだよ! 毎日毎日脂っこい肉ばっかりじゃ身体がもたないっつーの!! お前はオレが元気なら問題ないだろうがよ!!」

「なーにが死んじまう、よ! もうとっくに死んでんでしょ! あたしだって折角出てこれたんだもん、おいしいもの食べたいじゃない!! いくら食べ続けたってケンコーになんて響かないからいいじゃないのよぅ!!」

「………………ねぇ、あんたたち」
「ハラにもたれるんだよ脂モノばっかだと!! そろそろさっぱりしたものの美味さくらい理解しろガキ!」

「あーっ言ったなーっ! あたしガキじゃないもん! あんたみたいなデグノボーに言われたくないわよ!!」
「あんだと!」
「あによ!」

「――ッ、いーかげんにしなさいッッッ!!!」
 バァンと思いっきり机を叩く。
 顔を突き合わせ、今夜の献立で言い争っていた英雄と竜は、それでやっとこっちを見た。

「……あんたたちねぇ……いっつもこんなことしてるわけ……?」
「あ? ああ、このバカガキがいつもいつもごねるもんでな、躾のためにもこう、ビシーッと……」
「凛さん、これはしょうがないことなのよ。シアワセはいつも自分の手で勝ち取らないといけないんだから……!」

頭を抱える。
「……要するに、何? 味覚を共有してる上に好みが違うから、何を食べるかでいつもケンカになるわけね……?」

「ああ、そうだ」
「そうよ」
「……ハァ……」
 こいつら……ほんとに伝説の竜殺しと魔竜なわけ……?

「凛さんっ、あたしにとってはシカツモンライなの! だって竜ってあんな草っ葉なんて食べれるようできてないんだから。
 ねこちゃんがたまねぎとかイカとか食べられないのと同じなの。それなのにシグったらバクバクあんなぴーまんとかにんじんとかいうおぞましいものを……うぇぇ、思い出しただけで気持ちが悪く……」

「そりゃ実体があったらの話だろうが。単にお前が偏食なだけなんだよ。ったく、ぎゃーすか言う割にはスイカとかイチゴはボリボリ食うくせによ。知ってるぞ、夜中にこっそり食ってんの」
「シツレイね、ボリボリなんて食べた覚えないわよっ」

「よっしじゃあ今夜は野菜、はい決定」
「何が『じゃあ』なのよっ、シグがその気ならあたしにだって奥の手があるんだからっ!」
「ほおー、そりゃ面白い、言ってみな」
「食事の要求に従わないとー……街に出たとき叫ぶわよ」

「ああ叫べ叫べ。それでオレの食生活が改善されるなら安いもんだ」
「……いいのね? あとでホエヅラかいても知らないからねっ」
 そう言うと、ファフニールは突然だーっと両開きの窓の一つに取り付き、勢いよく開け放つと身を乗り出し、
「きゃーっ! 誰かたすけてーっ、ろりこんのおにーさんがあたむぐっ!?」

外から見てたら、ビデオの巻き戻しを見ているような気になっただろう。身を乗り出した少女が同じくらいの勢いで後ろから伸びてきた手に引っ張りこまれると、これまた同じくらいの勢いで窓がバァンと閉じた。
 ……いや、それ絶対、見てた人がいたら信じるから。

「お・ま・え・な・あーっ!!!」
「ギャーーーー!! ヤダヤダ離せーっゃはははははははは!!」

そして、再び繰り広げられる阿鼻叫喚の地獄絵図。
 しかし今度は直だった。
「くおのバカトカゲがお仕置きだこのヤロウッ!」

「にゃあははははははっ!! やだ、やめあああああっゃひゃはっはははあはは!! ひぃっひぃっゃははははははっ!! ああぁっ、ダ……ダメゃあ………ハァ…ハァ……ひっ!? あゃははははは……っあああぁっ……はぁっ、はぁっ」

「ったくロクなこと考えねぇなお前も……」
 ぶちぶちと文句を言いながら、ジークフリートが立ち上がる。
 ファフニールは精も根もつきたような面持ちで、腰が抜けたようにぺたんと床に座り込んでしまった。上気した頬がはぁはぁという吐息と共に揺れ、潤んだ眼は呆然と虚空を見据えて動かない。

「……ねぇ、ジークフリート」
「ん?」
「あんた、クリームヒルトとの間に子供いなかったっけ」
「ああ? まあな。だけどオレはあんまり面倒みてねぇからよく知らねぇぞ。オレはガキが嫌いなんだ」

「………そう。や、気にしないで、ちょっと聞いてみたかっただけだから」
「……? ま、いい。このバカもちっとはこれで静かになるだろ。さぁてと」
 うー、という悔しげな唸り声が床から聞こえてくるが、ジークフリートは全く意に介さない。
 ……あー、もう! そんな潤んだ目で私を見るなっつーの!

「はぁ……分かったわよ。私がなにか作ったげる」
「あぁ?」
「えっ」
 ぱぁっとへたりこんだファフニールが顔を輝かせる。
「まあ、食材があればだけどね」

「ああ、それだったらどっちにしろ買い出しに出る予定だったから揃えられると思うが」
「そう。じゃ、お願い。メモするからそれ買ってきて」
「悪ぃな」
「ありがとうっ凛さんっ」

「あんたたちに任せてると私まで栄養偏りそうだもの。自衛よ自衛」
 ……まあ、それでも。  こんなふうに喜ばれると悪い気はしないわけで――

NEXT