Fate/dragon’s dream

橋上の死闘

「――最悪ね。幸運転じて凶となる、って言うのかしら? こういう場合」
「しかし、いずれにせよいつかはぶつからなければならない壁です」
「俺のことなら大丈夫だ。作戦通り行こう」
「――それしかないか。OK、覚悟を決めましょう。頼りにしてるわ、士郎」

ずっと前方。橋の中腹辺りに佇む二人。間違いない。
 一人は金髪の大男……ジークフリート。そして――もう一人、確かに美綴の言っていた通り、金髪の女の子が傍にいる。あれが――ジークフリートのマスター……?

「……ねえ、セイバー。あっちの娘、どう見える? 私にはどうも人間じゃないように見えるんだけど」
 ……え?

「……この魔力は――しかし……」
「あはは、やっぱり? 笑うしかないとこよここ。
 ――でもどういうこと? なんでドラグーンと竜が一緒にいられるのよ……!
 乾いた笑みをこぼす遠坂。もちろん、その目はまったく笑っていない。

「な……! 今、竜って言ったか遠坂!?」
「言ったわよ……! ――でも何あれ……? なんていうか――ひどく単調で加工されてるみたいな魔力だけど――」
「――あの娘は竜の魔力で編まれているようです。サーヴァントなどと同じ、実体を得た霊体――?」

「ちょ……ちょっと待った。じゃあ、マスターなわけないじゃないか! キャスターだって自分でマスターになれなかったから、令呪だけ奪ったんだろ!?」
「――どういうことなの……?」
 うろたえる俺達に構わず、二人はどんどん距離を詰めてくる――!

「よう。一別以来だな三人とも。元気そうでなによりだ」
 ジークフリートは俺達の前方20mほどで立ち止まった。まるで気心知れた友人のように、心底嬉しそうな顔を向けてくる。くそ、どうにも調子が崩れるな。

金髪の女の子はジークフリートの脇に立ち、腕を背に回して組んで、恐れ気なくこちらを見つめている。その頭にぽんと手を置いて、ジークフリートは言った。
「どうもお前さん達の言ってた通りのようだな。聖杯戦争はもう終わったってか。こっちでも確認とれてな」

「――え」
「――もっとも、それとは別にやることができた。その内の一つが、アルトリア、お前さんを殺すことでね」
「――!」
 ザッと身構える俺と遠坂。くそ、戦わないで済むかもと甘い期待をした俺がバカだった――!

「そっちの魔術師の嬢ちゃんと小僧は、手出ししなけりゃ別にどうもしねぇ……ってか、もうヤ戦る気まんまんかよ」
「ジークフリート、どうしてお前、セイバーを……」

俺が言うと、ヤツは心底面白そうに俺を見つめ、
「何故? 俺をジークフリートと知ってそう問うかよ。オレは竜殺しでそいつは竜だ。理由としちゃそれで十分だろ」
 と言った。

「ドラグーン、それならこちらからも問おう。なぜ貴方は竜殺しでありながら、そのような竜の少女を連れている?  御身の力は竜の魔力を削ぐ。竜の魔力で編まれたそのような存在は、御身に近づくだけで霧散するはずだが」

「ん? ――あー、そういやこいつの紹介がまだだったか。……ファフ」
 ジークフリートは少女の頭においた手でぽんぽんと彼女を促す。少女は、
「ちょっと、やめてよ」
 と小声で言って振り払うように頭をぶんぶん振ると、こちらに向かって一歩踏み出し――その名を告げた。

「はじめまして……ってわけでもないんだけどね。ども、ファフニールって言えば多分分かると思うけど」
 その一言に場が沈黙する。
 ――な、んだ、って?

ファフニール。それは、伝説においてジークフリートをして竜殺しの二つ名で呼ばわしめることとなった竜の名前じゃないか――!?

神々が小人アンドヴァリから奪ったニーベルンゲンの財宝――賠償としてそれを送られ、小人の呪いに襲われた巨人族の一家の長男は、その宝を一人占めするために父親を殺し、竜にその身を変え、財宝の上にとぐろを巻いて眠ったという。

その竜に変じた巨人の名がファフニール。ジークフリートはこの竜を殺し、ニーベルンゲンの財宝と呪いを手に入れ――不死となったのだ。

遠坂もセイバーも驚きを隠せないでいる。当然だ。なにせ伝承においてはまさに宿敵も宿敵、決して相容れることのない二人なのだ。それがまるで兄妹のごとく一緒にいるというのはどういうことなのか――

「一応、よろしくね」
 少女は優雅に礼をした。よく見れば、少女の背中ではなにか普通ではないモノが揺れている。まるで恐竜のような、硬い鱗に覆われた尻尾。

「――冗談だろ」
「小僧、別におかしいことはねぇさ」
 俺の呟きが聞こえたのか、ジークフリートはこっちを見ながら言った。

「俺がコイツの親父をぶっ殺したことは知ってるな? あのヤロウ、最初の一撃で致命傷負いやがってな、勝てないと見るや、自分の命と引き換えにオレにうざってぇ呪いをかけたんだよ。
 派手に血ィ撒き散らして、ふと自分の身体を見まわせば全身ベッタベタよ。竜は毒持ちだとは聴いていたが、その時は別段どうとうこともなかった。だが、いつのまにか人様の身体におかしな魔方陣を勝手に造ってやがってな、コイツはその一部だってわけだ」

「――なんでファフニール竜が自分を殺した者を護るような呪いを残すのよ。あんたを道連れにするような呪いを残すってもんがスジなんじゃないの?」
 怒ったように言う遠坂。確かにその通りだ。それでは竜は、相手に殺されかけながらもその憎い相手を護る呪いを命と引き換えに残したってことじゃないか。

「――ま、竜の都合にもいろいろあるんですよ。親父様はちょっとメンドウな性格してたし。
 それはともかく、どうするの? そっちのアルトリアさんを差し出せば、他の人には手を出さないけど」

「論外だ。セイバーを渡す気はない」
 一蹴する。遠坂は無言で俺の横に立ち、二人を睨みつけた。
「そっちのマスターの嬢ちゃんも同じ意見か? ――あんまりあんたとは戦いたくねぇんだがな」
 ジークフリートが少し困ったような口調で言う。

「当然でしょ。何が悲しくてセイバーを差し出さなきゃいけないわけ? 消えるのはあんたたちだけで十分よ」
 勇ましく半歩踏み出しながら、遠坂は挑発するように言う。それを聞いたジークフリートは腕を組んだまま、口元をさも楽しげにニッと歪めた。

「――うわ、やっぱ」
 ぼそっとファフニールと名乗った少女が言った。そんな彼女をたしなめるかのように、ジークフリートがその手を頭にぽんと置く。
「ソレ、落とすんじゃねぇぞ」

「分かってるわよ。っていうか」
 ファフニールがそう言った瞬間――目の前の彼女の姿が一瞬で掻き消えた。
「な――!?」
「あたしはこっちいるからいーの。さっさと終わらせよ」
 声だけが響く。今や目の前にいるのはジークフリート一人だけだ。

――さっきの話からすれば、あの少女はジークフリートの身体を包む法鎧の一部。おそらく実体化を解いただけ――ん、まてよ?  もしあの少女が『竜の呪い』であるとするなら――

「遠坂、セイバー――」
 小声で言う。
「ん、分かってるわ。――気を引くのは私たちに任せて」
「すまん、頼んだ二人とも」

セイバーがぐっと構えた。ここは狭い橋上の歩道、セイバーがジークフリートの向こう側に行ければ背中を取れる可能性も上がる――!

「――んじゃ」
 ジークフリートの体が閃光に包まれ、次の瞬間には一昨日見たとおりの、白い鎧に身を包んだサーヴァントが立っていた。ゴォッという音と共に、ジークフリートの手の中には巨大な炎剣が現れ――

「おっぱじめるか!!」

言うや否や、金髪の巨人はとてつもない勢いで突っ込んできた――!
 それはもはや突風というレベルではない。突如出現した台風だ。辺りの空気は強引に生み出された巨大な運動エネルギーに蹴散らされ、荒れ狂う。空間そのものを軋ませる戦士の一撃を、しかしセイバーははっしと受け止めた。が、

「!?」
 振り下ろされた炎剣はそのままガードの上からセイバーの身体を叩き潰す――!
 絶望的な音と共に、足元のコンクリートにべっこりとクレーターができた。

「セイバー!?」
 最悪の映像が脳裏をよぎる。クレーターの中心には叩き潰され血まみれになったセイバーの姿が――

「ぬ!?」
 いない!?
「ハァ!」
 セイバーを見失ったジークフリートに、正面から遠坂が魔弾を放つ――! しかし

「チ!」
 ガギン!
 遠坂の魔術にはまったく目もくれず、ジークフリートは死角から襲いかかったセイバーの剣を弾いた。どうやらギリギリのところで炎剣を受け流し、爆風に紛れて後退していたらしい。

「ちょっとシグ、なに遊んでんの? いつもの強引戦法でちゃっちゃっとやっちゃいなさいよ」
「バァカ、こんな楽しい相手は久しぶりだろうが」

そうだ。ジークフリートは竜の法鎧をまとっている。本来、アイツは遠坂だけでなくセイバーの剣を防御する必要すらないんだ。
 遊ばれている――! その意識がセイバーをかっとさせたのか。

狭い足場の上、セイバーは凄まじい足さばきでジークフリートに肉薄し――と見せかけ、上体を流し炎剣を回避ざま背中を取ろうと――

「させねえ!」
 剣に続いて轟音と共に飛んできた蹴りが、まともにセイバーの腹に直撃する!

「グ、ハッ……!」
 鉄製の手すりを歪ませるほどの勢いでセイバーが叩きつけられ――
「シグ!」
「終わり――!!?」

ファフニールの声が響いたのと、セイバーにとどめをさそうとしていたジークフリートが咄嗟にその場を飛び退ったのは全く同時。
 炸裂音と共に、ジークフリートがいた空間に背後上空からいくつもの魔弾が突き刺さる!

「――くそ、外した!」
 先ほど放った遠坂の魔弾のうち、正面から放ったものはブラフだ。そんなものはヤツ相手には目くらまし程度の効果しかない。本命はそれに紛れて大きく空中に飛ばし、ブーメランのように軌道を変化させてセイバーとの戦闘に気を取られているジークフリートの背中を狙ったのだ。

完璧なタイミングだったが、ジークフリートは気付いた。もしかしたらアイツは、セイバーと同じような直感が働くのかもしれない。だが、それよりも、

「ファフ! 気ィ締めてしっかり見てろ!」
「ゴメン!」
 ――どうやら背後の弱点はファフニールがカバーしているらしい。彼女自身は手出しできないようだが、あれでは背中に目があるのと同じか――!

「――く」
 歯がゆい。すぐにでも干将莫耶を投影してセイバーのフォローに回りたいところだが――それはできない。

ジークフリートには俺が戦闘行為は何もできないと思わせておいた方がいい。一度でも投影魔術を見せたら警戒されてしまう。そうなったらアウト、しくじればただでさえ低い勝算はさらに落ちる。

 再び剣戟。後ろに回り込もうとするセイバー、それを阻もうとするジークフリートだが、魔力を削り取られているのかセイバーの動きが目に見えて荒くなっていく。

「セイバー!」
「ク――!」
 そして、
「ハ、その程度か騎士王!」
 嘲りさえ込められた一言が頭上から降り、横からは再び唸りを上げて蹴りが飛ぶ――!

「ぐっ!」
 咄嗟に不可視の剣で蹴りを受け止め、空間に波紋が広がった。
 本来のサーヴァント戦なら肉体の一部を使った格闘戦など自殺行為以外のなにものでもない。そんなことをすればここぞとばかりにその部分を切り落とされるだけだ。

だが、ジークフリートにおいてはそれは当てはまらない。法鎧で覆われた肉体は傷つくこともなく、その強度から見れば単なる凶器に他ならない。
 そして、ジークフリートの追撃が走る。大きくよろけたセイバーに

「**********」
 人の耳には聞き取れない、不思議な呪がつむがれたその途端。  空気が圧縮されたような感覚。青白い炎が消え去り、銀の刀身が輝く。
 グラム――!

「セイバー!」
 振り下ろされる致命の一打。
 セイバーは言った。グラムが本来の力を発揮するなら、私は防ぐことも避けることもできず、防御の上から切り伏せられるでしょう、と。

それは誇張ではない。青白い炎は言わば鞘。セイバーと同じく有名過ぎるがため、『視られない』ように、そして剣の発散する力を抑えるために掛けられた余計な魔術。今、ついにジークフリートはその究極の魔剣を抜き、そして――!

血がしぶいた。咄嗟に身をかわしたセイバーの左肩に、竜の力を殺す剣が食い込む――! が、

「ハァァッ!」
 なんとセイバーは、返す刃でなぎ払おうとするジークフリートの剣に風王結界を突き立て、それを支点にふわりと一回転――! 轟音と共に逆さまになったセイバーの頭の下を通過していく追撃をかわし、ついにセイバーは向こう側に降り立った。

ザザッ!
 痛烈な一撃と引き換えに、セイバーはジークフリートをかわして背後のポジションを取った。これでセイバーと遠坂でジークフリートの前後を取り、遠坂の後ろに俺がスタンバイしている状況ができあがったことになる。

ファフニールのサポートがあるとはいえ、常に背中からの攻撃を警戒しなければならない位置のジークフリートはこれで不利になったと言える――しかし
「ハァ……ハァ……ぐ……っっ!!」

「ハ、なるほど、本命を撃たせてそれと引き換えに位置取りってか。肉を切らせて骨を断つ……だが、お前さん、まだグラムを甘く見てたようだな」
「はっきり言って正気じゃないわね」

呆れたようなジークフリートとファフニールの言葉は、おそらく挑発とかそんなものではなく、単なる事実だ。まるで肩の傷から漏れているかのごとく、ごっそりセイバーの魔力が失われている。
 位置的には有利に立てたが、セイバーのあの状態では――

「――くそ」
 歯噛みする。できることなら今すぐセイバーのフォローに駆け込みたい。だけど――

「衛宮くん、もう少しの辛抱よ。今飛び込めばセイバーが決死の覚悟で作ったチャンスがフイになる。分かってるでしょう?
「――ああ――だけど、あのままじゃセイバーが」
「……大丈夫。まだセイバーは余力は残してる。落ち付きなさい士郎。前はあなたの方が落ち付いてたじゃない」

ジークフリートは遠坂を警戒しているが、目はあくまでセイバーから離さない。この位置からでは俺達がいるために聖剣は使用できないが、ジークフリートは、自分が注意すべきは魔力放出によるセイバーの打ち込みの速度だと考えているのだろう。

サーヴァントであるセイバーに背を向けることはいくらヤツでも危険だ。なんとか一瞬でも、ヤツが完全にこちらに背を向ければ――

「――こっちから仕掛けるわ。士郎、準備はいい?」
「もちろんだ。いつでもこい」
 じりじりと対峙するセイバーとジークフリートだが、ジークフリートは背後の遠坂が気になるのか攻撃をしかけようとしない。

「――今ッ!」
 静寂を破ったのは遠坂の一声。左腕をまくりあげ、魔術刻印に魔力を通し、数発のガンドを生成する!

それにセイバーが呼応した。だが、ジークフリートはあろうことか身体を完全に真横に向け、右手で剣をふるいセイバーと渡り合いながら左手でガンドをすべて受け止めている――!

「まだまだ―――!!!」
 もはや機関銃の乱射に近いガンドの猛烈な撃ち込みだが、ジークフリートはまったく微動だにしない。が、遠坂はガンドをそのままの勢いで撃ちながら、宝石を右手の指に挟みこみ突然ジークフリートに向かって突進した!

「左手! あと後ろに弾3つ!」
 ファフニールの驚いた声がする。ジークフリートはそのままセイバーと渡り合いながら、――いったいどうやって遠坂の位置を測ったのか、正確に彼女の正面に跳躍し、追いすがるセイバーを剣であしらいながら痛烈な当身を繰り出した――!

「きゃっ!?」
「遠坂!!」

体型差があり過ぎるためにクリーンヒットとはいかなかったが、遠坂はガシャンと手すりに叩きつけられ、そのままへたり込む。と、ジークフリートはセイバーを蹴り飛ばし、一瞬にして剣を左手に持ちかえると共に身体を180度旋廻、ガンドに紛れて遠坂が放った背中狙いの3発の宝石を右手で払った!  ドン、ドンドン、という音と共に閃光が炸裂する。

――その時。
 見えた――! ジークフリートの背中――!

遠坂が健在の限り、ジークフリートはこちらに背中を見せない。ならばダメージ覚悟でヤツに近づき、やられたと見せかけてセイバーとの戦いに集中させられれば――!
 遠坂が作ってくれた千載一遇のチャンス!

「――投影《トレース》、開始《オン》」
 並ぶ撃鉄を次々下ろし、八つの工程全てをクリア。
 今ここに、幻想を結びて剣となす――!
 右手に生まれ出る質量。それは紛れもなくクー・フーリンの魔槍!!

「投影《トレース》、完了《オフ》」
 いける! 投擲の構えと共に槍へとありったけの魔力を込め、呪を発動させ――
「シグ!!! 呪詛!!!」

突然。
 俺のすぐ脇にファフニールが実体化した!?
 く――! そうか、さっき遠坂の位置を測ったのも――!
 一瞬迷うも、俺はそのままジークフリートの背中を狙う。
「―――突き穿つ《ゲイ》」

「ンなんだとオ!?」
 ジークフリートが声を張り上げ振り向こうとする、だが――セイバーがそれを阻む!
「死翔の槍《ボルク》!!」
 因果を逆転させ、心臓を穿つ魔槍が解き放たれた――!

俺の魔力ではランサーの威力を再現するには遠く及ばない。だが、呪詛さえ発動させてしまえば万一致命傷にならずとも大打撃は確実!

ジークフリートには振り向く時間がもはやない。振り向いたところで、槍は軌道を変えるだけ――!
 ――だがまだ! 勝機を完全なものにするため、直ちに俺は次の投影へ移る!

「ウソ!? グングニル!?」
「なめんじゃ―――」
 うなりを上げてジークフリートの背中の急所めがけて飛んでいく魔槍。ゲイボルクを止めようとこちらに向けばセイバーに切られ、セイバーと剣を交えれば槍が確実に背中を貫く!

殺《と》った!
 そのとき、その場にいたほとんどの者――ファフニールでさえ――がジークフリートの敗北を予感した。
 ――そう。ジークフリート本人を除いて。

「ねええぇぇぇぇ!!」
 グラムがジークフリートの背後から半円を描くようにセイバーの頭に振り下ろされ―― ガラン。
 ――ゲイボルクが、落ちた。
 まったく唐突に、前方への推進力を失ったかというがごとくに。

「な!?」
 がっきと風王結界でグラムを受け止めるセイバー……だが、そんな防御は本気になった竜殺し《ドラグーン》の前には通用するはずもなく。

ビチャリと、血が跳ねる。
 間一髪、セイバーは後ろに跳び、真っ二つにされることだけは避けた。
 が、胸をざっくりと袈裟懸けに切り裂かれ――

「あ、う……!」
「セイバー!!」
 叫ぶ。
 セイバーの足元には、流れ出た血がもう池を作リはじめていた。

ドクン
 心臓がはねる。
 もうセイバーは戦えない。そして、次の一撃を防ぐことは不可能。グラムは確実に竜を狩る……!

「――もう、おっどろいた……」
 俺の隣でなお実体化を解かないファフニール。
 少女の姿のそれに、こんなことをするのは気が引ける。
 だが、

「ごめん」
「え?」
 背後に立ち、振り返って見上げてきた少女の胸に、俺は投影したルールブレイカーを突き刺した。

NEXT