Presented By...~エースの贈り物~

――贈り物。貰ってありがたい物ばかりと一概に言えない、厄介な代物。

クローバーの塔のイメージカラーは緑だ。商店街の中にあっても、赤いコートは目に痛い。店先の大きな迷子に声をかける。
「エース。また迷ってるの?」

長身を屈ませて、一つ一つ商品を手に取っては戻す。そんな動作を繰り返していた男は、アリスを見て破顔した。
「やあ、アリス。良いところに来たね。うん、今は何を贈ろうか迷っているんだ」
 エース曰く『いつもお世話になっているトカゲさん』にプレゼントを贈るらしい。

「……まあ、迷惑かけまくってるのは本当だしね。殊勝な心掛けだと思うわ」
「選ぶのを手伝ってくれないか? さっきから考えてるんだけど、コレって感じのがないんだよなあ……」
「いいわ。ついでに私も何か買っていこうかしら。よく遊びに行ってるし」
「えっ、誰に贈るんだい? 俺に贈ってくれるんだったら――」

「いや、あんたじゃないから」
 
とりあえず神速で断りを入れる。エースは、ちぇっ、けちだなーと口を尖らしている。
「君にプレゼントしてもらえる相手が羨ましいぜ。妬けちゃうな」
 本気とも冗談ともとれる言い方をするエースは色んな意味でいやらしい。

無言で爽やかな笑顔を五分ほど向けられ続けたので、音を上げた。
「……そのうちエースにも何か贈ってあげるから。今は我慢して」
「え、本当? 嬉しいなあ」
 
くそ。甘いな、自分。こいつ絶対分かっててやってるのに。

グレイへのプレゼントは既に選び終えた。今はナイトメアに贈るものを考えている。
「ハンカチ? う~ん、実用的ではあるけど、すぐ赤くなるよな。それよりこっちはどうかな?」
「ええっ? これはちょっと……」
 そんなやりとりを店先で、二回時間帯が変わるほど続けた。

ようやく決まったプレゼントを持って、エースは会計に向かう。
「グレイ、きっと今日もお疲れよね。少しでも喜んでくれたらいいけど……」
「トカゲさんみたいに役割のある人って、いいよな~。今の俺にはないものだから羨ましい。ホント立派な人だよな。あっははははは!」
 空寒い。すごく。心の底からそんなところが羨ましくて大嫌い、と聞こえた。

そして二人揃ってクローバーの塔に押しかけた頃には、更に三回時間帯が変わってしまっていた。クローバーの塔付近の商店街ならば、所要時間がかかりすぎたかもしれない。しかしエースが一緒というペナルティ付きにも関わらず、たったの三回で済んだのだ。これは快挙と言って良い。

グレイはちょうど仕事がひと段落着いたところだったようだ。幸運にもナイトメアが寝込んでいないし、逃走してもいない。グレイの監視付きで、休憩をとっているところだ。今が渡す絶好の機会だ。

「……何の用だ。今、取り込み中なんだ……。手合わせならば、後にしてもらおう」
 目の下にクマをこさえたグレイはウンザリしつつも、明らかにエースを警戒している。私だけならば快く出迎えてくれるがエースが一緒なのだ。

最後に二人が遭ったのは会合中のときか。グレイはやはり斬りかかって来たエースの相手をさせられて、憤懣やる方なしという感じだった。放送禁止用語の連発、普段は冷凍保存されている『やんちゃ』が解凍されていた。

次に二人が遭ったらどうなるか想像もできないが、間違いなく血を見ることだけは分かっていた。グレイは切り刻む気満々だからだ。

エースはそれでも性懲りなく、やんちゃなグレイ曰く『八つ当たりに来る、うぜえガキ』となって襲撃しに行く。エースに空気を読む機能なんて搭載されていない。と言うか、あっても使わずに埃を被ることになるだろう。

いつものように爽やかさを垂れ流して、プレゼントを差し出した。
「ハイ、トカゲさん。いつもお世話になっているお礼に」

最初は身構えていたグレイも、少しずつ緊張を解いた。今日のエースはいきなり斬りかかるような不躾な真似はしなかった。これはグレイにとっても歓迎すべきことだ。

まだ警戒はしつつも、表面上は穏やかになる。
「……どういった風の吹き回しか知らないが。とりあえず受け取っておこう。……これは」
 箱を開けた瞬間、引き攣った。そしておもむろに箱の中身を人差し指と親指でつまんだ。如何にも触りたくない、という感じに。

「これは……何の冗談だ」
 
グレイの指先がつまみ上げたものは、トカゲの皮バンドの腕時計。ご丁寧に灰色の皮の最高級品だ。モノは悪くないはずだ。……最終的にエースが選んだものである。

「いや~、ウサギさんなら迷わずウサギ肉をあげるんだけどね
 てへ、と可愛くもないのに可愛い子ぶるエースが気色悪い。
「迷っちゃった☆ トカゲの皮ってさ、意外と傷みが早いんだって。……トカゲさんも気をつけてね?

薄ら寒い笑みを浮かべているエースに、グレイは完全に沈黙している。昔のやんちゃが再来する予感がひしひしと感じられる。ハルマゲドン……ハルマゲドンが起きてしまう……。お願いだから、私のことは斬らないでね? 選んだのはエースだから。ワタシ、関係アリマセン。

エースとは完全に他人を決め込んだ私も、大きな箱に入ったプレゼントを渡す。ナイトメアはとても嬉しそうにリボンに手をかけた。
「はははっ、良かったなあ、グレイ。私はアリスからプレゼントを貰ったんだぞー。どうだ、羨まし……」
 包みを開けたナイトメアは、歓喜に打ち震えているように見える。手が途中で停止してしまうほどに。

「ナイトメアったら驚きすぎよ。普段あなたが見せびらかしてる吐血ショーの方が、よほど周りを驚かせているじゃない」
 しびれを切らして、固まっている病人を揺する。
「これは……洗面器?
「ナイトメア専用よ。元々赤いから、いくら使っても赤が気にならないわ」

「……この文字はなんだ?」
 青白い指先が、洗面器の側面を指す。赤い器に文字が墨で書き付けられているシュールなデザイン。

赤い衰勢。衰えた状態って意味よ。あなたにぴったりだと思うわ。流れ星のように生き急いでる感じなのに、燃え尽きず、いつまでもしぶとく存在するところとか
「あはははっ。アリス、それ誤字じゃないの? 本当は彗星じゃない?」

「……籠もる」
 椅子から立ち上がったナイトメアは夢の世界へも旅立とうとしている。その腰に素早くグレイがすがった。
「ナイトメア様っ! お気持ちは痛いほど解ります! 私だって引き籠りたい心境ですが、人間は逃げてばかりでは成長しません! 耐えて下さい!」

「止めるな、グレイ! 外は嫌だ。夢の中の方がまだマシだっっ」
「あははははっ。そんなに喜んでもらえるなんて、悩んだ甲斐があったぜ☆」

グレイが疲れた顔で懇願してきた。
「……頼む、頼むから。ナイトメア様の心の傷に、これ以上塩を塗り込めないでやってくれないか」

「鬼っ、お前たちは鬼だーーーーっ!!」
 人差し指を突きつけて、泣きながら薄くなってゆくナイトメア。嬉しくて泣いてるんだろうか。嬉しいというよりも悲しくて泣いてるようにも見える。

「ナイトメア様! せめて、せめてあの書類の山だけでも片付けて下さい……っ」
何が気に入らなかったの。ナイトメア……」
 グレイの切実な懇願も空しく、ナイトメアの体は消えた。ゆらりと立ち上がったグレイの表情は暗くて見えない。

「……また夢に引き籠ってしまわれた。当分出て来られないだろう……。後はサインさせるだけだったのに」
 ゆっくりと、こちらに長身が向き直る。

「……アリス。まさか君がナイトメア様を傷つけるとは思わなかった。悪いが、その男を連れて出て行ってくれ。できればナイトメア様のためにも、しばらく顔も見せないでほしい」
「う、うん。わかった」
 肝の小さな私には、それ以外に返事のしようがなかった。

グレイは更に声のトーンを低くして、地獄の底から這いずる様なヴォイスを披露した。
「……騎士。八つ当たりのみならず、俺に対する嫌がらせで気は済んだか。貴様は会合期間以外の塔への出入りを永久に禁止する。次に塔で見かけたら××××して、×××の××××で切り刻んでやる……
「へえ、望むところだよ☆ いい鍛錬になりそうだ」
「お願いだから挑発しないで!」

――今日もクローバーの塔は平和です。

<--END-->


●あとがき

クローバーの塔の住人虐待小説? 何がしたいんでしょうね、アリス。プレゼントという名の虐めですね。単に本格的に洗面器をネタにしたかっただけなのかもしれません。

私には彼らがこのように映っています。原作との違いが甚だしいかもしれません。割と原作テイストを大事にしたいと思いつつ、それを維持できない素人の筆。

ネタ自体は結構前から温めていたんですが、この時点でエースとグレイの対決、グレイ側しか見てないんですね。実はまだクローバーの国のアリスをコンプしていません。キャラエンドだけ制覇しました。大好きなエースのCGやら回想さえ埋まりきっていない。何故かボスは100%埋まってた……。

それもこれもボリュームが面倒臭さがいけない。ボリュームはいけなくないかもしれないが、何度もPLAYして目的のシーンが見られなかったりすると、激しい疲労に襲われるためです。正直長い時間かけてゆっくり消化する感じになります。