健康第一~帽子屋の虚勢~

夜のお茶会の最中に、ブラッドの顔が気にかかった。整った顔はもう見慣れているのだが、顔色が芳しくない。

「ブラッド。あんまり顔色が良くないわね」
「……なに? アリス、君にはそう見えるのか?」
 ティーカップを傾ける手を止めて、鏡を取り出す。いつもならエリオットが素早く差し出すところなのだが、あいにく仕事で出かけているようだ。

闇の中でもブラッドの顔の白さが際立っている。
「うん。なんかいつも不健康そうに見える顔が、今はいつにも増してナイトメアっぽいわ」

ブラッド=デュプレは常日頃、見えない努力をしている。マフィアのボスのくせに、だらだらとサボり続けているように見える。しかし、それがあくまでポーズだというのは屋敷の内部では有名な話だ。実際は隠れ仕事熱心な人で、誰にも仕事をしている様を見せない。つまり徹夜しているのだ。健康なわけがない。

 

しかし、この世界では昼と夕と夜がランダムに訪れるために、一概に『徹夜が健康に悪い』とは言えないかもしれない。ここでは、そもそも規則正しい生活が送れない。だが少なくとも私のいた世界では、徹夜は体に悪いことだった。

 

 今までに何度か徹夜を止めるよう注意してみたが、ブラッド曰く――。
「私は自分のしたいときにしたいことをする。仕事もやりたいときしかやりたくないんだ。特に夜は仕事がはかどる」

 

どこまでも我侭な男だ。それでも仕事はちゃんとこなしているし、居候の身では出すぎたことを言えない。いい年した大人相手に、健康管理を指導するのもおかしな話だ。

「済まないが……黙っていてくれないか。特にエリオットには
 静かに鏡を仕舞って、おかしなことを言ってきた。下っ端ならば、教える必要がないのは解る。だが上司の不調を腹心の部下に秘密にする必要がどこにある。

「どうして? 彼はあなたの懐刀じゃなかったの? 弱っているときこそ、傍にいてもらうべきよ」
「いいや。お嬢さんは何にも解っちゃいない」
 何だかブラッドの様子がおかしい。鬼気迫る目で睨まれる。……潤んでるけど。精神安定剤……もとい紅茶をガブガブ飲んでいる。

「そうだよ。あいつならボスを守るどころか、きっと殺しちゃうよ
 唐突に双子の門番が横槍を入れる。いつの間にお茶会に紛れ込んでいたのか。ブラッドは動じずに紅茶を飲み続けている。

ディーの早口に、ダムのゆっくりした意見が同調する。
「間違いなくオレンジ色の料理責めにして、心身共に殺しちゃうよ」
「ああ……思い出すだに恐ろしい。今でも時々夢に見るほどだ。と言うか思い出したくないんだが」
 ブラッドは吐き気でももよおしたのか、口元に手を当てている。

ディーが耳元でこっそり教えてくれた。
「前にボスが寝不足で弱ってたとき、馬鹿ウサギがすっごい心配して……トドメを刺したんだよね
 反対側の耳にはダムがはり付いている。
「そうそう、本当は大したことなかったのに。カロチン不足だーとか言って、ヒヨコウサギが薬膳人参料理を無理矢理ボスに食べさせたんだ」

「うんうん。アレはひどかったよね。拷問みたいだった。思わずタダで同情しちゃったよ」
僕たちの給りょ……ゴホン! じゃなかった。金づ……ゲホン! ……あー、ボスを失うところだったよ。あの後のボス、余計ぐったりしちゃって、持ち直すのに何十時間帯もかかったよね……」
「仕事が本当に山を作って、また瀕死になってた……」

「と……トラウマものの体験よね。なかなかに貴重だわ。全ッ然羨ましくないけど
 内緒で話していたはずなのに、しっかりとブラッドの耳には届いていたようだ。やや恨みの籠もった目でこちら、と言うより双子を見ている。

「……エリオットを止めてくれたまでは感謝しているよ。だが君たちは、そのぐったりした私に、しっかり特別手当の誓約書を書かせたのではなかったかな……」
「やだなあ。僕たち、ホントに命がけで止めてあげたんだから、そのぐらい貰ったってバチ当たんないと思うな」
「ボスってば、ほら、気分屋だから。後で誤魔化されちゃかなわないから、わざわざ血判まで押してもらったんだ
 鬼だ。瀕死の病人にそこまでの外道っぷり。鬼以外ありえない。

ブラッドは咳払いした。
「……だから私は、エリオットの前でだけは常に健康なんだ。例え、どんなに胃に穴が開いたり、吐血しそうだったり、危篤状態であったりしても、エリオットにだけは見せない

「……何て言うか……ご愁傷様」
 ホント自分じゃなくて良かった……。心底そう思う。もう他人事で済ます以外に方法がない私に、ディーが食ってかかる。
「他人事じゃないんだよ、お姉さん! お姉さん、か弱いから病気で寝込んだ日には、ニンジ……オレンジ一色の料理まで一直線だよ!」

禁止用語(ブラッド限定)に素早く反応した、鷹の如く鋭く光る目を向けられて、ディーが明後日の方向へ視線を流す。慌てて言い直した。ダムも合唱する。
「そうだよ、そうだよ! お姉さんは人一倍、健康に気を遣うべきなんだ!」

私の左右で巻き起こる双子の喧騒に、ポツリと不穏な呟きが混じる。
「いや、むしろ私は誰かに追体験させてあげたい気分なんだ。私ばかりトラウマが増えるのは、いささか不平等にすぎやしないかね?」

誰かとか言いつつ、照準はばっちり私に合わせられている。いつもより二割増し青白い顔でゆらりと近づく様は、幽鬼を連想させる。美形なせいで、お伽話の挿絵にあるような吸血鬼にも見える。

「えっ、ちょ……ちょお……いい! 私は体験したくないから! 尊い犠牲は一人で十分! 生贄はこれ以上要らないわよっ!
「そういう気分なんだ」
 
どういう気分だ。サド! このサド帽子!

「た、助けて、ディー! ダム!」
「ごめんね、お姉さん……。僕ら雇い主には逆らえないんだ」
「あと、もっと言っちゃうと、ここで反対したら僕らに矛先が向けられる……」
 救いの手は差し伸べられない。目の前にあるのは美しい悪魔の笑顔。
「う、裏切り者……」

「さすがは、うちの門番たちだ。従うべきは誰か、よく心得ているじゃないか」
 よくできましたとばかりに、ブラッドが先生染みたスマイルを向ける。背筋を冷気が駆け抜けた。

「たっだいまー! なになにー? なに話してるんだよ、ブラッド。俺も混ぜてくれよっ」
 出た。何でわざわざタイミングを見計らったように現れるのかな、このウサギさんはっ。

「やあ、お帰り、エリオット。ちょうど良いところに。お嬢さんが大変なんだ」
 恭しく私の背を、エリオットに向けて押す。気分は生贄の子羊だ。いや、子ウサギか。

「え? どうしたんだよ、アリス?!」
 ご機嫌な様子で帰ってきたエリオットは、見る見る剣呑な気配を表してくる。双肩をがっしと掴まれて、身動きどころか視線を外すことすらできない。

「なっ、何でもない! 何でもないわ」
「何でもなくねーって! 何がどう大変なのか、俺に教えてくれよ! 誰かに何かされたのか? もしそうなら……許さねえ
 声のトーンが低くなる頃の後半は、もう銃を握っている。

「落ち着け、エリオット。お嬢さんは軽い風邪を召されたらしい。本人の自覚症状が無いようだから看病を頼むよ。仕事は他の奴に回しておいてやる」
「ひいてないわよ! エリオット、騙されちゃダメよ。私は健康よ、元気ハツラツなのよ!
「え? なんだよ~、驚かせんなよ」
 暗かった表情が花を散らすようにぱっと明るくなる。大の男に花を散らしてはいけない気がするのだが、ウサギさんなので許される。

「でも本当に良いのか、ブラッド? 俺がアリスの看病しても」
「聞けよ」
 
エリオットの耳は、ご主人様の声しか聞こえないらしい。

「いいに決まっているだろう。アリス、大丈夫だ。私も後で君の顔を見に行ってあげるからな」
 私を覗き込むブラッドの顔は……超嬉しそう。私の運命を思うと、笑いが止まらないんだけど堪えてるような顔。

あんまりにも腹に据えかねたから、体重をかけるだけかけて、ブラッドの足を最大限に踏んであげた。短い悲鳴が上がる。
「ふ……相変わらず、凶暴なお嬢さんだ。地獄のフルコースを完食した後に同じことができるかな?」
「いくらでも。お好きなだけ踏んであげるわ」
 私の負けん気な発言に、ブラッドは顔を引き攣らせながら、足をさすっている。
「それでは完食した暁に(生きていたら)また会おう」

そうしてエリオットに連れられて、私は自室に戻ったのだった。この後に見舞われるであろう、オレンジ色の地獄を覚悟して。

余談ではあるが。ブラッドの体調は本当に思わしくなく、後で倒れてしまった。そして二人仲良く、エリオットに『看病』されたのだった。人を呪わば穴二つとは、よく言ったものである。

<--END-->

後日談はなぜか4コマ。

health

●あとがき

皆テンション高いー。本当は4コマのネタでした。つめてったら長くなっちゃった……。 ロゼのお話はギャグ以外書きたくないと思いながら、変にシリアス入っちゃって、どうしようもないです。ニンジンネタとお母さんネタが大好きです。